女性のひげ予防といえば

女性のひげ予防といえば

女性のひげが生えるのは、ホルモンバランスの崩れだということがわかってきました。
ホルモンバランスを崩すのは、ストレス過多ということもわかってきました。

 

そして、女性はみなひげを自己処理しているということもだいだい周知の事実となり、「オス化」していることを誰も否定できなくなってきました。
もちろんひげが生えていない女性もいます。それは予防したから?でしょうか。もともと女性ホルモンがたっぷりだからなのでしょうか?
でも、働く女性の約8割がひげを自己処理していると回答しています。

 

でも、予防はしているのかといえば、みな、生えてきてから考えた。とりあえず剃った。ということで、予防に関しては特に何もしていないようです。
つまり、どうやってひげを予防するかがわからないというのが本当ではないでしょうか?

 

今はすでにひげが生えている女性が多いと思いますので、予防というよりは、今後どうやって逆にするのか。
女性ホルモンを優位にしてひげが濃くならないようにするのか。薄くなるようにするのかを見ていきたいと思います。

 

女なのに口の周りにひげが生えてきた。
女性は男性のような濃くて太いひげが伸びるわけではありませんが、顎を触った時に固いものがあたり、気付いたりもします。
処理をするにもあごだし、確かにひげなので、数本だし抜いてしまおうという女性もいるのではないでしょうか?

 

それだけは危険なのでやめてくださいね。
埋没毛となって、皮膚の中にひげが生えたり、毛穴が傷ついたりもします。

 

女性ホルモン優位にするためには、まず生活を見直します。
食生活をちゃんとする。三食質の良い食事をする。
睡眠を質も量もちゃんと確保して、肌の修復する時間を作る。
その間に女性ホルモンが分泌されますよ。そして、ストレス発散が第一です。

 

とにかく、ホルモンバランスが崩れる第一の要因がストレスなら、それを発散する方法をじっくり考えてみてください。
ストレス発散法は、趣味、運動、人によってそれぞれですので、必ず自分が好きなことをする。

 

我慢をまったくしない日を作るなど、大切な要素ですので、意識してストレスを発散させてください。
今ではスキンケアでも抑毛効果のあるクリームやローションなどが発売されていますので、顔専用を選んで時間をかけてじっくり薄くしていってください。
そうすれば、抑毛だけでなく、美肌もできるようになります。

 

今の抑毛クリームには女性ホルモン様成分が含まれているそうなので、サプリメントを飲む、肌に直接塗る。
で外側からと内側からケアしていってくださいね。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?