女性のひげを対処する医療レーザー脱毛とは?

女性のひげを対処する医療レーザー脱毛とは?

多くの女性が悩まれているひげの悩み。自宅での自己処理からサロンでのプロに任せた処理等幅広い選択肢があります。
その中の一つが「医療脱毛」です。今回はその医療脱毛について詳しくご紹介したいと思います。

 

■医療脱毛とは
医療脱毛とは資格をもった医師や看護師のみが行える脱毛方法で、永久脱毛効果が高いことが特徴です。
医療脱毛には「医療レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」があります。

 

・医療レーザー脱毛
医療レーザー脱毛とは、レーザーを照射することで、毛根のメラニンに反応させ毛母細胞という毛を作り出す細胞を破壊するという施術方法です。
レーザーがメラニンに反応し、熱が加わった時に軽く痛みを感じることがあります。

 

・ニードル脱毛
ニードル脱毛とは、処理をしたい毛の一つ一つの毛穴に特殊な針を刺し、そこから電流を流すことで毛の再生機能を破壊する施術方法です。
1度ニードル脱毛をした毛穴からムダ毛が生えてくることはないとされているため、永久脱毛効果が高いと言えます。
しかし、一つ一つの毛穴を施術していくため時間がかかり価格も高額になるデメリットがある上、痛みも強い施術方法です。

 

 

■脱毛サロンでの脱毛方法とは?
今や女性の間で「脱毛」と聞くと医療脱毛では無く、脱毛サロンを思い浮かべる方が多いほど脱毛サロンでの脱毛が普通になってきました。
医療脱毛と異なり脱毛サロンは資格をもっていない方の施術であり、医療行為であるレーザーなどでの脱毛はできないのです。

 

そのため、脱毛サロンで主に行われている光脱毛は、医療レーザー脱毛と比べると光の照射レベルが低く脱毛効果が低いのです。その結果、通う頻度が多くなり合計の価格が高額になる場合もあります。
簡単に比較すると、医療レーザー脱毛の場合約5回で済む施術は光脱毛の場合約18回かかるとされています。もちろん、医療や店舗によってことなることもありますが、差があるということです。

 

また、医師による診察などもないので、施術後の肌トラブルケアなどが心配な方は医療脱毛の方がよいかもしれません。

 

 

■その他のひげ対策
医療脱毛や脱毛サロン以外にも自宅でのカミソリなどでの自己処理も手軽にできるひげ対策です。
しかし、肌への負担を考えるとカミソリの自己処理はとてもリスクが高いのです。

 

そこで、おススメしたいのが自己処理後や洗顔後の肌に抑毛効果のある化粧水やスキンケアクリームをなじませる方法です。
抑毛効果とは、毛が生えることを抑えてくれるので処理をする頻度が減り、肌への負担も軽減できるということです。

 

現在、女性ホルモンと似た働きをしてくれる大豆イソフラボンを取り入れた化粧水などのスキンケア用品も多く、抑毛効果が高いと注目されています。
医療クリニックや脱毛サロンに通う手間やカミソリによる肌負担を回避するにはおススメの法方法です。

関連ページ

女性のひげ処理で色素沈着?
女性の悩みである「ひげ」や「産毛」を改善するクリームを紹介します。エステや脱毛、家庭で出来る除毛クリームを紹介します。ひげや産毛で悩んでいる女性はぜひご覧ください。
女性のひげ予防といえば
女性の悩みである「ひげ」や「産毛」を改善するクリームを紹介します。エステや脱毛、家庭で出来る除毛クリームを紹介します。ひげや産毛で悩んでいる女性はぜひご覧ください。
女性のひげはストレスから
女性の悩みである「ひげ」や「産毛」を改善するクリームを紹介します。エステや脱毛、家庭で出来る除毛クリームを紹介します。ひげや産毛で悩んでいる女性はぜひご覧ください。
30代の女性の悩みで多い口周辺のひげ
女性の悩みである「ひげ」や「産毛」を改善するクリームを紹介します。エステや脱毛、家庭で出来る除毛クリームを紹介します。ひげや産毛で悩んでいる女性はぜひご覧ください。
女性に生えるあごひげについて
女性の悩みである「ひげ」や「産毛」を改善するクリームを紹介します。エステや脱毛、家庭で出来る除毛クリームを紹介します。ひげや産毛で悩んでいる女性はぜひご覧ください。
口ひげはお化粧にも影響があります
女性の悩みである「ひげ」や「産毛」を改善するクリームを紹介します。エステや脱毛、家庭で出来る除毛クリームを紹介します。ひげや産毛で悩んでいる女性はぜひご覧ください。
女のヒゲを抑毛クリームで美肌も実現
女性のひげの悩みについてです。女性でひげで悩んでいる方はご覧ください。
女のひげは豆乳でましになる?
女性のひげの悩みについてです。女性でひげで悩んでいる方はご覧ください。
中学生からの女のひげ処理
女性のひげの悩みについてです。女性でひげで悩んでいる方はご覧ください。